お通夜に何人が来るのだろうか?

PR|葬儀や火葬なら大阪フローラルホール山口県下松市の痩身エステサロン  | 静岡市の小顔マッサージ宮城・仙台のリハビリに強い整形外科京都で本気で痩せるエステサロンなら三宮で人気の脚やせエステサロン気温差が辛い自律神経失調症さいたま市で有名なAGA治療大阪で英語学習するなら |

お葬式が始まる前、葬儀社からだいたい何人ぐらいご出席(お通夜)ですかと質問されました。全然わかりません。

親戚の数もわからなければ何人ずつ来るのかもわかりませんでした。

父親葬式でしたが、78歳であることから仕事関係の出席者はまず無いだろうと思い、0人。親戚関係ですが、父親は6人兄弟の次男であり、兄弟の出席が各家庭から2人。合計10人。

自分の会社関係の人が約40人くらい。知らない親戚が10人くらいとふんで、町内会が10人くらい。全員で70人と葬儀社の方に回答。

不安を打ち明けると、まぁイメージですからと言われました。

しかしお通夜が始まると、人が来るわ来るわ120人を超え、会場に入れず廊下までイスが並べられる感じとなり、通夜振る舞いも部屋が足りなくなり、部屋という部屋のテーブルに料理を並べるも間に合いませんでした。

このことから、生前にそれとなく聞いておけば良かったと後悔しました。

あと、葬儀社に人数を少なめでは無く、多めに言うべきだと思いました。

結局、大勢の方に来ていただきました。

母の友人や仕事の方などに挨拶をすると「大きくなったね、覚えてる?」と数人に言われました。

確かにどこかで見たことがあるようなないような、自分にはさっぱりわからないけどその方々が次々とお話しをするのでとりあえず笑って合わせていました。

名前すら分からず、でも相手に失礼のないように聞かなければと自分の中で色々と考えていました。

すると私より5歳上の兄が間に入ってくれてその方に声をかけてくれました。

どうやら小さい頃にあった知人(もしくは親戚)の方らしく、私は記憶に残ってないほど幼い時でした。

兄はそのことを覚えていたらしく後々教えていただきました。

また名前を聞くと、あっあの人か!とわかる人も数人いらっしゃいました。

その場は笑ってごまかしたり、相槌を打つ程度で場を収めてしまいましたが、今思うと素直に聞いておけばもっと溶け込めたのかなと思いました。

PR|ショッピングカート|クレジットカードの即日発行じゃけん|童話|生命保険の口コミ.COM|JALカード|オーディオ|住宅リフォーム総合情報|サプリメント|英語上達の秘訣|内職 アルバイト|